【大阪での創業融資】60歳を超えていますが融資を受けられますか?

「60歳を超えて、転職もなかなか難しいですから…」

「それで、小さなお店でも始めようかと思っているのですが、融資を受けられますか?」

 

こういった方からの相談です。

 

結論から言うと、60歳からでも融資を受けることはできます。

 

逆に、55歳を超えている方が優遇を受けられる制度もあります。

 

女性、若者/シニア起業家支援資金

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/02_zyoseikigyouka_m.html

 

・・・なのですが、だからと言って60歳からでも「融資を受けやすい」わけではないことに注意してください。

 

 

その理由は?

 

「60歳からの起業を、国も支援してくれるんだ!」という誤解をする人が多い

 

つまり、「そろそろ定年だし、いっちょ独立してみるかー!国も55歳以上の独立を応援してるみたいだし!」

という誤解のもと、日本政策金融公庫が求める条件、たとえば、

 

・自己資金が基準となる金額を超えていること

・経験年数がしっかりあること

 

などをすっとばしてしまって、融資を受けようとする人も多いからです。

 

 

じゃあ、国は55歳を超えての独立を応援していないのか?

 

こう思うかもしれません。

 

でも、そんなことはありません。

実際に、融資を受ける際の金利は0コンマ数パーセント下がります。

その他返済条件でも優遇を受けられることもあります。

 

 

まとめ

 

60歳を超えて融資を受けることはできますか?

 

という問いに対する答えは、

 

「受けることができます。また、優遇されています。」

ということと、

「ただし、融資を受ける条件としては、60歳を超えている人の方が有利、ということはありません。」

 

ということになります。

 

創業融資のご相談は、大阪谷町の税理士、大山俊郎までどうぞ。

 

税理士の大山俊郎でした。

創業融資専門家コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-091-060 受付時間は、平日の9時から18時(事前のご予約により夜間・土日祝も対応可能) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る