事業計画書作成のポイントとは?

image003

創業期、融資を受ける際には欠かせない「事業計画書(創業計画書)」ですが、

「金融機関から評価される計画書」を作成しなければ、融資を受けることは困難です。

そこで、事業計画書作成のポイントをご紹介いたします。

 

事業計画書の基本構成

事業計画書の基本構成は下記の通りです。

(1)内部環境分析

(2)外部環境分析

(3)事業目的・内容

(4)計画

 上記4点を踏まえた上で、融資が受けられる計画書作成を行う必要があります。

 

融資申請が通る評価される計画づくりとは?

(1)目的が簡潔
(2)自社が取り組む理由が明確
(3)具体的な独自性
(4)収益力の論拠

上記4点は、計画書の中でも欠かせない「よく見られる」ポイントです。

融資の前に再度計画を見直してください。 

目標・実現したい想いよりも、どのようにアプローチしていくか、という到達するためのプロセスに軸を置いた計画が高評価されやすいです。 

 

よくある!融資が失敗する計画書とは?

具体的な計画を立てていない

目標・実現したいことを語り続ける方の中で、計画が不明確であるケースが多々あります。

想いを伝えることも大切ですが、想いは程々にして、肝心の事業計画を説明する必要があります。 

また、アイデアベースの企画をするのではなく、実現性の高い事業計画を立てましょう。

低価格事業

既存の市場よりも低価格サービスで実現する、といった事業は高確率で「失敗するであろう」と評価される傾向にあります。

低価格事業の場合は、この点を考慮して計画書を作成しなければなりません。

 

創業融資は専門家活用がオススメ!

創業融資をご自身で申請しようとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、
専門家を活用することで“好条件”かつ“高確率”“スムーズ”に融資を受けることが可能です!

専門家を活用して、納得のいく創業融資を獲得してください!

▼▼▼当事務所の「創業融資サポート」にご興味のある方は下記画像をクリックしてください▼▼▼

ご自身で申請すると実行確率50%以下… 一度審査に落ちると再申請まで半年程度の期間が必要… 専門家と一緒に申請して一度で融資獲得!


お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-091-060 受付時間は、平日の9時から18時(事前のご予約により夜間・土日祝も対応可能) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る