創業融資無料診断

創業融資無料診断のご案内

借りやすいと言われている日本政策金融公庫でも融資実行率は50%以下です。 融資実績が豊富な専門家に相談し、確実に融資を受けれられる状態にしてください!

創業融資を受けるベストな時期はある?

あります。創業3ヶ月、伸ばしても6ヶ月以内がベストです。 6ヶ月以上が経過してから「予想以上に資金が必要になりました」では、融資実行確率は非常に低くなります。

以前に自分で申請して落ちてしまったが、再申請しても大丈夫?

大丈夫です。ただ、またご自身で申請されることはオススメできません。 一度専門家にご相談し、実行確率を高めましょう。

所定のフォーマットに記入だけすれば大丈夫?

それだけでは希望通りの融資を受けることは難しいとお考え下さい。 必ず、事業の成功を裏付ける補足資料を作る必要があり、専門家による後押しがあるとより確実です。

資本金の2倍以上の融資を受けたい!

通常は2倍までしか融資を受けられないと言われています。 ただ、別途融資制度の活用により可能性はあります。諦める前に、一度専門家にご相談下さい。
左記のような質問にお答えします。 一度、創業融資無料診断にお申し込みください!

 

融資申請前にポイントが確認できます!

当事務所では、新たに創業・開業される方の銀行借入をサポートしております。

創業後の運転資金、事業拡大のための設備投資等のために金融機関からの融資をお考えの方が多くいらっしゃいますが、漠然と金融機関に借入申込書を書いて提出すると希望する金額・利率で融資を獲得することが困難です。

借入を希望する理由・タイミング・金額について事前検討し、ご自身に最適な融資を受ける必要があります。

ご自身で日本政策金融公庫や民間の金融機関等に行かれる前に、まずは専門家による融資のポイントを確認した上で進めたほうが、ご自身の希望により近い時期・金額・利率で融資が実行される可能性が高まります。

そこで、日本政策金融公庫からの借入や制度融資による銀行借入等、申請前の無料診断を実施しております。

 

融資に欠かせない“創業計画書”のアドバイスをいたします!

創業期の借入には、創業計画書(≒事業計画書)の作成が必須です。

当然の話ですが「金融機関の最大の関心事は、融資した資金を約束どおりに返済してもらえるのか」です。

融資担当者の立場を十分に理解した上で、これから行う事業について資料を交えてわかりやすく説明できるように準備し、かつ具体的な数字を創業計画書に示して説明しなければなりません。

創業融資無料診断では、評価の高い創業計画書作成のポイントをお伝えし、創業計画書をふまえた面談対策を行います。

 

そもそも、融資を受けることができるのかどうか?診断いたします!

上述した申請前のポイント・創業計画書のアドバイスに加えて、
融資を受けるための前提条件についてもお答えいたします。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

>>「無料相談の流れ」はコチラ

>>「お問い合わせフォーム」はコチラ


お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-091-060 受付時間は、平日の9時から18時(事前のご予約により夜間・土日祝も対応可能) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る